きばなようちえん
きばなようちえんってどんなところ? ようちえんのとりくみ! ようちえんでのせいかつ! にゅうえんのごあんない! とぴっくす!
きばなようちえんってどんなところ?
ホームへ戻る
園長ごあいさつ・沿革
木花幼稚園はこんなところです
通園マップ
リンク集
木花幼稚園はこんなところです
幼稚園は、こんなどころです
教育の本質は教えることではなくて、こどもたちのもつそれぞれの素質を引き出すことにあります。
当園では、宗教的情操の中で助け合い、刺激しあって育ちあうとともに、温かい思いやりや善悪の判断、物事のけじめなどを身につけることが出来るよう導きます。

まねる時期から自分で考える時期へ
考える能力は3歳頃から急に発達してきます。今までの「まねる時代(母子共生期)」から、自分で考え、自らを主張し、自主的に行動する時期つまり「自分で考える時代(思考期)」に入ったのです。この時期からは、単純な遊びだけではなく、考えることを必要とした遊びを多くとり入れてあげることが大切になります。

旺盛な好奇心と集中力
「なんで?どうして?」幼児の年代は、いろんなことに疑問を持ち、盛んに質問してきたり、大人には不可解なものを必死に集めたりします。質問が多いこと、ものを集めることも望ましい発達を遂げている証拠。こどもが何か好きな遊びに熱中しているときは、できるだけそっと見守ってあげたいものです。無我夢中になって取り組む中に、注意深くものを見ようとする力(洞察力)や、じっくりと物事に取り組む姿勢(集中力)ができていきます。幼児期はまた、想像力がどんどん広がる時期でもあります。柔軟な思考力(拡散思考)を培わせてあげたいものです。
学校法人 南海学園 木花幼稚園 〒889-2153 宮崎市学園木花台南3丁目26番1 TEL (0985)58-3877 FAX (0985)58-3876上へ
Copyright (c) Kibana kindergarten. All rights reserved.